納骨堂
なぜ今、納骨堂なのか

いつ納骨堂を準備しますか


納骨堂を準備しようと決意する時は、人それぞれです。

・近親者が亡くなったとき。
・人生の転機を求めたくなったとき。
・子供が生まれたとき。
・親の老いを感じたとき。
・自分の老いを感じたとき。
・安心して生きていくための、心の支えを必要と感じたとき。
・結婚して「この人とずっと一緒にいたい」と思ったとき。
・厄年のとき


外墓ではなく納骨堂にした動機も、人それぞれです。

・雨ざらしの外墓や、虫がたかる墓石を見たとき。
・郷里にある外墓で、なかなかお参りできないと気がついたとき。
・納骨壇の伝統工芸技術に裏打ちされた美を目の当たりにしたとき。
・外墓にくらべ、とても割安と思ったとき


自分が世を去った後、残された子供たちの迷惑にならないようにとお求めになるひともいます。
郷里に眠る父母を都内近郊で墓参したいという思いから、納骨堂に決める人もいます。
自分ひとりだけのお墓、あるいは夫婦だけのお墓をという希望に応えてくれるのも納骨堂です。

お求めになる年代もさまざまです。
年輩の方が多いという傾向はありますが、寺院によっては、20代のOLの方がお求めになる例もあります。性別や年齢に関係なく、納骨壇を準備しておくことで、心置きなくこれからの人生を歩んでいけるというひとが大勢いらっしゃいます。

ひとつのきっかけとしては、お盆やお彼岸を迎えたとき、親しかった故人の命日を迎えたとき、死を真摯に取り上げた映画や文学作品などに触れたとき、などが挙げられるでしょう。

ただ「具体的にいつ納骨堂を準備するべきか」は、ひとによって異なります。強いて申し上げるなら、他ならぬあなたが「納骨壇を準備したい」と思ったとき、それが納骨壇を準備するべきときでしょう。


前のページへ
次のページへ
真成院
善福寺
大徳寺
長福寺
妙信寺

このページのトップへ